エンゲージリングとマリッジリングの違いを知っていますか?

意外と知らない!?エンゲージリング

エンゲージリング、いわゆる婚約指輪とは、婚約した際に男性から女性に贈る指輪のことです。「結婚してくださいっ!」で手渡す指輪を結婚式で使用すると勘違いしている男性が意外に多いのですが、こちらはマリッジリングであってエンゲージリングではありません。「えっ!結婚式でまた指輪を作るの!?」なんて恥ずかしいことを言うことがないように、気をつけておかなければなりません。 エンゲージリングはダイヤモンド1個入りの指輪で、女性の左手薬指にはめるのが一般的です。これは、左手の薬指が人間の生の象徴である心臓と繋がっているという古代からの伝承に由来する風習です。給料3か月分などとも言われたりもしますが、現在の相場の平均は33万円前後とされています。

二人で相談して作るのがマリッジリング

マリッジリングとは、結婚式の際に新郎新婦で交換するもので、いわゆる結婚指輪と言われるものです。したがって、二人でデザインや値段などを相談しあって作成します。 エンゲージリングはサプライズで渡される場合が多いため、そのデザインは既存の無難なものになりやすいですが、二人で示し合わせて作成するマリッジリングは二人の希望によって作成されるので、どのようなデザインでも許容されるのが特徴です。そのため値段は千差万別ありますが、一般的には二人合わせて20万超程度とエンゲージリングの相場より安いと言えます。しかし、オーダーメイドで作成されるマリッジリングに対して、エンゲージリング以上に愛着を持つ女性も多くいるようです。